[今月のセレクトブック 2017/10/20 ] 会社の目的は利益じゃない (3回目/全3回)

毎週金曜日にお送りしている、
セレクトブックストア”すえなみ”の今月の一冊

このメルマガでは、私すえなみが最近興味を持って読んでいる本を毎月一冊ご紹介しています。



————————————————————-
今月のセレクトブックは、

横田英毅さんの「会社の目的は利益じゃない -誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは」

(Amazon でチェック! http://amzn.to/2yysCGn

————————————————————-

1回目、2回目の紹介記事は以下のwebサイトをご覧ください。
https://goo.gl/4YnS6A

5.「社員のやりがいがすべて」
会社経営者の文脈で「社員とその家族の幸せが一番」というと、大抵は「社員を一番大切にするという考え方でやれば、”業績が上がる”。」と思っています。

ということは、
「社員とその家族の幸せが一番」とは思っておらず、やっぱり業績を上げることが一番だと思っているのです。

そして、本当にそう思っていても日頃の言動は容易に逆転してしまいます。

「社員が幸せになるために、売上を上げて給料を上げる必要がある。」

「だから、今は多少無理をしてでも売上を上げろ!」

社員達に無理をさせて業績を上げるのでは、本末転倒ですよね。
でも、よくやりがちです。

私も今反省しましたが、子育てでもそうですね。
「子ども達にはのびのびと育って欲しい。」

「だから、今はきちんとした大人にするために、片付けを強制したり、歯磨きを強制したり。」

働く人の幸せはやりがい以外にありません。
そして、やりがいが高まるのは自分の持っている人間力をフルに発揮したときです。

今、社員達が人間力をフルに発揮したらこれだけの売上しか上がらなかった。
ならば、その売上、利益で会社が成り立つように仕組みを作るのが、会社作りです。

ビジネスモデルでは会社は作れません。
ビジネスモデルでは生き方は作れません。

生き方や会社の在り方からビジネスモデルは作るものです。

6.「責任範囲がない」
技術部門や修理担当だと仕事内容は機械相手のことに限定されるイメージがあります。
でも実はこれ、仕事の範囲を決めているものではなく、その人の得意なこと、学んでいるを表しているとも考えられます。

こう考えると、
もっぱら開発のことに取り組んでいるけど、技術部門の人が営業をしても良いわけです。

責任範囲を決めて仕事を分担するやり方は、最低限の成果は達成できるけど、それ以上は望めません。

責任範囲がなく自発的な動きに任せたやり方は、最低限の成果も保証できません。ですが、可能性は青天井です。

責任範囲がない自発的なやり方が、実は最低限の成果も引き上げることは2回目の解説で述べた通りです。

一般的な認識とは逆のことをする。
周りに責められる覚悟を持って取り組む胆力。

さあ、一気に幸せな世界へと飛び込むか、今の世界で楽しむか。
知った上でどちらを選んでもあなたは幸せだと思います。

・・・終わり

————————————————————-
月に一度、本メルマガで紹介している本を使って、
セレクトブックストア”すえなみ”プレゼンツ「我がままに生きる読書会」を開催しています。

今月は、10月27日(金)14時から16時。

横田英毅さんの「会社の目的は利益じゃない -誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは」
(Amazon でチェック! http://amzn.to/2yysCGn )を使って行います。

参加費2,000円(税込)で、場所は松本市両島にある弊社オフィスSENSE(センス)になります。
本は持参してきてもらいますが、事前に読む必要はありません。むしろ、読まないで下さい。

本を読むと言うよりは、本に書いてある言葉をきっかけにみんなで話をする。本好きな人も本が読めない人も参加できる交流型読書会です。一度お試しください。

参加ご希望の方は、以下のリンク先Facebookイベントに参加ポチするか、以下のフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。
https://www.facebook.com/events/159700494617338/


参加ご希望の方は、以下の問い合わせフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

[今月のセレクトブック 2017/10/13 ] 会社の目的は利益じゃない (2回目/全3回)

毎週金曜日にお送りしている、
セレクトブックストア”すえなみ”の今月の一冊

このメルマガでは、私すえなみが最近興味を持って読んでいる本を毎月一冊ご紹介しています。



————————————————————-
今月のセレクトブックは、

横田英毅さんの「会社の目的は利益じゃない -誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは」

(Amazon でチェック! http://amzn.to/2yysCGn

————————————————————-

1回目の紹介記事は以下のwebサイトをご覧ください。
https://goo.gl/4YnS6A

3.「体験することで知っていることが、できることになる」
部下に何かを教える時、手っ取り早く教えるために、言って教えることが多いのではないでしょうか。
「あれをこうしてこうして、こうなるからこうして。」

こんな格言があります。
「百聞は一見に如かず」

この言葉には続きがあって、
「百見は一体験に如かず」
と言います。

つまり、
一体験と同じ学びをさせるには1万回言う必要があります。

わざわざ体験させることは手間だと思って口で教えることが、実は一番遠回りになっているということです。

4.「自分達で解決できることを解決していくと、やがて業績が良くなり給料も上がる」

マズローの欲求段階説があります。
1.生理的欲求
2.安全の欲求
3.親和の欲求
4.自我の欲求
5.自己実現の欲求
人間の欲求は、1から順に高次の欲求へと段階を経て移行していく。
というものです。

残業がない、給料が良い、快適な職場、安全な職場であるというのは、従業員から経営者に対する要求であると共に、
1.生理的欲求と2.安全の欲求にあたります。

これに対して、
助け合う職場である、お客様から感謝されている、自主性が尊重されている、成長を感じられるというのは、従業員自らの努力で解決できたり、改善できたりすることです。
これは、3.親和の欲求、4.自我の欲求、5.自己実現の欲求です。

マズローの欲求段階説に従って、低次の欲求ばかりに目を向けている間は要求ばかりをします。
でも実は、自分達で解決できる高次の欲求へ目を向けて改善していくと、自ずと低次の欲求が解決されていくことに気が付きます。

”助け合う職場であったり、お客様から感謝されるお店であり、主体的に動いて成長していく会社なら、業績が上がり給料も上がり、安心して働ける会社になります。”

こうした一般的な認識とは実は逆の方向で物事が成り立っていることに、気づいているでしょうか。

三回目に続く・・・

————————————————————-
月に一度、本メルマガで紹介している本を使って、
セレクトブックストア”すえなみ”プレゼンツ「我がままに生きる読書会」を開催しています。

今月は、10月27日(金)14時から16時。

横田英毅さんの「会社の目的は利益じゃない -誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは」
(Amazon でチェック! http://amzn.to/2yysCGn )を使って行います。

参加費2,000円(税込)で、場所は松本市両島にある弊社オフィスSENSE(センス)になります。
本は持参してきてもらいますが、事前に読む必要はありません。むしろ、読まないで下さい。

本を読むと言うよりは、本に書いてある言葉をきっかけにみんなで話をする。本好きな人も本が読めない人も参加できる交流型読書会です。一度お試しください。

参加ご希望の方は、以下のリンク先Facebookイベントに参加ポチするか、以下のフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。
https://www.facebook.com/events/159700494617338/


参加ご希望の方は、以下の問い合わせフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

[今月のセレクトブック 2017/10/06 ] 会社の目的は利益じゃない (1回目/全3回)

毎週金曜日にお送りしている、
セレクトブックストア”すえなみ”の今月の一冊

このメルマガでは、私すえなみが最近興味を持って読んでいる本を毎月一冊ご紹介しています。



————————————————————-
今月のセレクトブックは、

横田英毅さんの「会社の目的は利益じゃない -誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは」

(Amazon でチェック! http://amzn.to/2yysCGn

————————————————————-

1.「変えられるのは自分と明日」
何か問題に気づいたとき。

例えば、社長であるあなたが、たまたまお店に来たら電球が切れていた。
この時あなたはどうしますか。

「電球切れているよ。」と指摘するかもしれません。
何気なくやってしまうこの行動ですが、ちょっと立ち止まって見てみましょう。

社員達は単純に気づかなかったのかもしれない。
では、なぜあなたは気づいたけど、社員達は気づかなかったのか。

電球が切れていても関係ないと思っているのかもしれない。
それは私の仕事じゃないと思っているのかもしれない。

社員達の行動を指摘して目の前の問題に”対処”することは簡単かもしれない。
でも、問題”解決”にはならない。
次に同じように電球が切れたら指摘し続けなければいけない。

どうしたら社員達が自ら気づいて行動するようにしたらいいのか。
今までの自分のやり方ではできていない。
じゃあ、どうするのか。
他人の問題ではなく、自分の問題として落とし込み、行動を変えていく。

2.「経営理念とは熟成されていくもの」
経営理念とは、誰かが言ったカッコいい言葉じゃない。
目指すべき目標でもない。
社員達に強制するものでもない。

”私達はどんな人間なのか”

人で例えれば、持っている信念や価値観です。
人が成長するに従って、信念や価値観が熟成されていくように、経営理念も変わっていきます。

経営者も含めた社員全員から形作られるもの。

それは頭で考えたものでもなく、意識しているものでもなく、心の奥底、宇宙と繋がって無意識で信じていること。

人の意識は深いところで繋がっています。

だからこそ、こうして作った経営理念は理屈ではなく人を動かします。

二回目に続く・・・

————————————————————-
月に一度、本メルマガで紹介している本を使って、
セレクトブックストア”すえなみ”プレゼンツ「我がままに生きる読書会」を開催しています。

今月は、10月27日(金)14時から16時。

横田英毅さんの「会社の目的は利益じゃない -誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは」
(Amazon でチェック! http://amzn.to/2yysCGn )を使って行います。

参加費2,000円(税込)で、場所は松本市両島にある弊社オフィスSENSE(センス)になります。
本は持参してきてもらいますが、事前に読む必要はありません。むしろ、読まないで下さい。

本を読むと言うよりは、本に書いてある言葉をきっかけにみんなで話をする。本好きな人も本が読めない人も参加できる交流型読書会です。一度お試しください。

参加ご希望の方は、以下のリンク先Facebookイベントに参加ポチするか、以下のフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。
https://www.facebook.com/events/159700494617338/


参加ご希望の方は、以下の問い合わせフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

[今月のセレクトブック 2017/09/15 ] 泣ける会議 (3回目/全3回)

毎週金曜日にお送りしている、
セレクトブックストア”すえなみ”の今月の一冊

このメルマガでは、私すえなみが最近興味を持って読んでいる本を毎月一冊ご紹介しています。



————————————————————-
今月のセレクトブックは、

金子祐子さんの「泣ける会議 部下が活躍できる職場にするマザーリングマネジメント」

(Amazon でチェック! http://amzn.to/2x7Rebh

————————————————————-

5.「思い込みの谷」
・よく分からないけど、あの人はむかつくから嫌。
・あいつの言動がシャクに障る。

感情論を嫌い、仕事に感情を挟んではいけないと思い込んでいる人は多いですが、本当は仕事の成果や数字と密接に関係しています。

しかし、思い込みの谷にいる社員達はそれが上司であれ、部下であれ、嫌なことを人のせいにする傾向があるために、自分の行動を変えることができません。

行動科学者のアルバート・レラビアンによる「メラビアンの法則」というものがあります。
コミュニケーションは言葉の意味ではなく”相手が理解して解釈したとおりに伝わっていく”ということです。

もう一つ「認知と行動のブラインドループ図」と言うものがあります。
特定の誰かに対する印象は100%相手の行動です。
その認知は、自分の勝手な”思い込み”の認知から始まります。

そして、相手の認知も100%こちらの行動です。
その認知も、相手の勝手な”思い込み”の認知から始まります。

この循環は、言いにしろ悪いにしろ、勝手な”思い込み”によりどんどん片寄り、強化される性質があります。

さあ、相手が先が自分が先か。

「なぜ仕事ができないのか!」と部下と戦うのなら戦いの舞台から降りて、上司であるあなた自身の行動を変えませんか。

それも勝手な”思い込み”で、相手の行動を良いように解釈して自分の行動を変えてみる。

6.「二人でやろう」
部下の様子が変だったとき、機嫌が悪かったり、落ち込んでいたり、やる気がなかったり。
そんな時、ついつい指導してしまいます。

「そんなにイライラしていたら雰囲気が悪くなるじゃないか!」
でも、それは逆効果。

グッとこらえて聞いていきます。
だんだん不機嫌な理由が分かってくると、また言いたくなります。

「だからといって感情を振り回しては、雰囲気が悪くなるから止めなさい!」
と一方的なジャッジをしては「あなたには私の気持ちは分からない」といって生返事で終わるのが関の山です。

そこで、
周りはどんな気持ちになるのかを伝えるのと、周りへの影響を考えてもらうように問いかけをして終わります。

さて、ここでのポイントは”いかに何かをしたくなる気持ちを抑えるのか”

以前、犯人捜しをしない会議では社員達に”やらない”選択権を持たせることを書きました。
同じ様に、上司である、経営者であるあなたにも”やらない”選択権があるということです。

責任者である上司、経営者であるあなたは、何か問題があったときに”私が対処しなくては!”といった思い込みがあります。

ですが、あなたにも”何もしない”ことを選ぶことができます。

何か問題があっても、何も対処しなくて良い。
これであれば、説教をしないで部下の話を聞くことができるのではないでしょうか。

経営者であるあなたは熱い想いを持って当たり前のように自発的に動いて責任を持っています。
そんな熱いあなたがあなた自身へしてあげていること。
何を感じているのか、何を考えているのか聞くこと。

同じ様に社員達に対してしてあげてください。

・・・終わり

————————————————————-
月に一度、本メルマガで紹介している本を使って、
セレクトブックストア”すえなみ”プレゼンツ「我がままに生きる読書会」を開催しています。

今月は、9月22日(金)14時から16時。

金子祐子さんの「泣ける会議 部下が活躍できる職場にするマザーリングマネジメント」
(Amazon でチェック! http://amzn.to/2x7Rebh )を使って行います。

参加費2,000円(税込)で、場所は松本市両島にある弊社オフィスSENSE(センス)になります。
本は持参してきてもらいますが、事前に読む必要はありません。むしろ、読まないで下さい。

本を読むと言うよりは、本に書いてある言葉をきっかけにみんなで話をする。本好きな人も本が読めない人も参加できる交流型読書会です。一度お試しください。


参加ご希望の方は、以下の問い合わせフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

[今月のセレクトブック 2017/09/08 ] 泣ける会議 (2回目/全3回)

毎週金曜日にお送りしている、
セレクトブックストア”すえなみ”の今月の一冊

このメルマガでは、私すえなみが最近興味を持って読んでいる本を毎月一冊ご紹介しています。



————————————————————-
今月のセレクトブックは、

金子祐子さんの「泣ける会議 部下が活躍できる職場にするマザーリングマネジメント」

(Amazon でチェック! http://amzn.to/2x7Rebh

————————————————————-

3.「本当に自分を見ること」
・今の職場は腰掛けだから。
・本当の自分がやることは違うことだから。
・もっと何かワクワクすることがあるはずだ。
・自分は特別な人間だ。

こんな社員達に、だからこそマザーリングマネジメントが効果を発揮することがあります。
とにかくその仕事ぶりを見守っていると、彼ら自身も気付いていない長所、短所、特徴が見えてくる時があります。
そこで「おっ!」と思う結果が出たら、どんな些細なことでも伝えます。

それが周りから見たその部下のありのままの良いところなのです。

その部下自身はまだ見ぬ自分しか見ることができていないので、周りが伝える事で今の自分を知ることができるようになります。

すると、周りが自分にしてくれていることを自分自身に対してもするようになります。

今、ココに存在している自分はどんな自分なんだろう。
周りには何が起きているんだろう。
自分の声を聴くようになります。

4.「時間がかかり過ぎる」
著者の会社ホテルグリーンコアでは、犯人捜しをする会議はしません。

言い出しっぺや、課題を抱えている社員、問題を起こした本人に「お前が責任を取れ!」と押し付けることはしません。

たとえ重要なことでも、社員達は「やらない」選択権を持っています。
「やらない」選択権があるからこそ、報告をためらうような失敗や悪いことでも会議の場に出てきます。

また、逆説的ですが、「やらない」選択権があるからこそ社員達は「自分ができること」を言い出します。
自分の課題を自分だけが解決していくのであれば組織で働く意味がありません。

お互いがお互いの課題に貢献し合うところが、組織で働く醍醐味と面白さではないでしょうか。

その結果を取るのが上司であり、経営者ではないでしょうか。
文字通り、責任者です。

三回目に続く・・・

————————————————————-
月に一度、本メルマガで紹介している本を使って、
セレクトブックストア”すえなみ”プレゼンツ「我がままに生きる読書会」を開催しています。

今月は、9月22日(金)14時から16時。

金子祐子さんの「泣ける会議 部下が活躍できる職場にするマザーリングマネジメント」
(Amazon でチェック! http://amzn.to/2x7Rebh )を使って行います。

参加費2,000円(税込)で、場所は松本市両島にある弊社オフィスSENSE(センス)になります。
本は持参してきてもらいますが、事前に読む必要はありません。むしろ、読まないで下さい。

本を読むと言うよりは、本に書いてある言葉をきっかけにみんなで話をする。本好きな人も本が読めない人も参加できる交流型読書会です。一度お試しください。


参加ご希望の方は、以下の問い合わせフォームからお申し込みください(氏名、連絡先電話番号)。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文