[レポート 2018/05/28] 松本市鎌田児童センター – 防災ブッシュクラフト体験

信州ブッシュクラフトスクールは、
松本市の鎌田児童センターにおいて2018年5月28日(月)、ブルーシートなどを使って風雨などから身を守る簡易テントを張る方法を学ぶ体験会を開きました。

代表の末次ほか、ジャパンブッシュクラフトスクール認定インストラクター2名と共に、地元の鎌田小学校約70人を相手に、万が一の災害時や遭難時に風雨や日差しなどから身を守るシェルター作りを行いました。

NHKを始め、新聞各紙に取材をしていただき、記事にして頂きました。
画像をクリックして拡大してお読みください。




より深く学びたい方は、以下のサイトをご覧ください。信州ブッシュクラフトスクールは、決まった日程での開催ではなく、申し込み後、日程を調整して半プライベート的に開催する講座です。
信州ブッシュクラフトスクール: https://peraichi.com/landing_pages/view/sbcs

[レポート 2018/05/20] 塩尻市体験学習フェスティバル – 防災ブッシュクラフト体験





先日5月20日(日)に、防災ブッシュクラフトと題して、

・濡れても使えるメタルマッチ(現代の火打ち石)で着火体験
・シート1枚シェルター作り体験

を塩尻市体験学習フェスティバルで提供してきました。


塩尻市体験学習フェスティバルについては、
こちら↓のwebサイトをチェック
http://enreitaiken.naganoblog.jp/e2250105.html


より深く学びたい方は、以下のサイトをご覧ください。信州ブッシュクラフトスクールは、決まった日程での開催ではなく、申し込み後、日程を調整して半プライベート的に開催する講座です。
信州ブッシュクラフトスクール: https://peraichi.com/landing_pages/view/sbcs

[レポート 2018/04/29-30] はじめての人も日帰りで楽しめる、今年のGWは高ソメキャンプ場でキャンプを体験しよう!


2018年4月29日、30日に、松本市奈川にある高ソメキャンプ場にて
”はじめての人も日帰りで楽しめる、今年のGWは高ソメキャンプ場でキャンプを体験しよう!”
を開催致しました。

世界の車窓から

メタルマッチから始まり、跡を残さない焚き火術、いただいたイノシシ肉を頰張り、ロープワークでシェルター作り、午後の焚き火術の後は、メタルマッチと原始の火起こし。
最後は天文台のフィナーレ。

たまたまキャンプ場に泊まった方達、イベントがあるから来てくれた方達。色んな出会いが混じった1日。参加してくださりありがとうございます。それらを繋げてくれたブッシュクラフトにも感謝です。

本日もネタを少し変え開催です。

ちょっとした小細工をした焚き火調理から始まった1日。それぞれの写真にコメントをしています。クリックしてご覧ください。

末次 克洋さんが投稿をシェアしました。

参加された方が感想を投稿されていましたので、シェアしますね。一緒にステキな場を作ってくれてありがとうございます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:火
自動代替テキストはありません。
今井恵理

去年のウエサクの満月は、スターダンスでのビジョンクエストで迎えた。

ネイティブアメリカンの自然と共にある生き方の一端に触れ、祈り、天地の広がりとその中の我を感じ、自分の人生を顧みるとても大切な時間だった。

思考と心のズレに気づき、それを1年かけて修復してきたと同時に、生まれた時からひとつの道を歩んできて、これからもそのように歩んでいくんだという感覚が揺るぎないものになった時間。

今があるのは、あの時があったからこそで、これからも幾たびもそう思うんだろうと思う。

まあ、言葉にすると陳腐になっちゃうのだけど。

今日は、腰の上がらなかった息子を口説き倒し(笑)、信州ブッシュクラフトスクールさん主催の「ネイティブアメリカン的直火焚き火術入門編」
「タープ1枚で作れるシェルターのかんたん作り方講座」
「ペグを忘れても大丈夫!森から頂いた木の枝からオリジナルのペグを作ろう」に参加してきた。

森からいただいたもので、生きるために必要なものを創り、また森へ還す。

どれもワクワクで私的に大好きストライクゾーンだったし、最初は低空飛行の息子もどんどん引き込まれ、帰りの車ではもう1本木を拾ってペグを作り、庭に自分のテントを張るのだ!!!! 森を大事にする焚火をうちでもしたいねと盛り上がり。

楽しかった、というだけでなく、『目の前のことに集中している時でも鳥の声を聴く心の余裕を大切に。』というお話が心に響いた。

季節的なものもあって、やることはいくらでも湧き出てくるけれど、ふと駆け抜ける風、小鳥のさえずり、お日様の心地よさ。

そういうものと一緒に生きていく感覚、大事にしたいなぁと。

それは、そのまま光も闇も混在したこの星のすべてが大好きで、大切に大切にしたいということ。

 

より深く学びたい方は、以下のサイトからお申し込みできます。信州ブッシュクラフトスクールは、決まった日程での開催ではなく、申し込み後、日程を調整して半プライベート的に開催する講座です。
http://blog.nagawa-sinko.jp/blog/信州ブッシュクラフトスクールin高ソメキャンプ場

SENSE初詣 -2018年を見通す会-




どうやらこの日、この時間。未来を見通すには重要な時間らしい。
なぜか行くと運が良くなる神社みたいなコワーキングスペースSENSE。

SENSEへ初詣に来ませんか。

新年早々、1月2日(火)10時から、みんなでフューチャーマッピング®を描いて、2018年の自分を見てみました。


今回はオンラインでの場作りも試してみました。

1.フューチャーマッピング®のリードは、オンライン動画を使って、開発者の神田昌典さん、石ヶ森久恵さん直々に。
2.同時中継としてzoomを使って、長野県内各地(佐久市のコワーキングスペースiitoco!!さん、菅平高原の田隝加代子さん(ペンションぷれじーる Plaisir))を繋いで行いました。

ここで参加者4名の内2人が飯田の名物市田柿をお土産に持って来るという。
そして私は次の日妻の実家がある飯田へ帰省。
これも何かの縁ですから、飯田周辺の神社、お寺へお詣りに。

1人1人が書くことで自分の内面との対話を通して、気付きを得ることもさることながら、書き終わった後のみんなで対話をすることがまた気付きを深化させます。

皆様の感想


【皆様の一年、毎日が特別なものになりますように】

飛び入り含め、同席してくださった皆様、ありがとうございました。
取り留めもなくその場に任せた進行でしたが、いかがでしたでしょうか。

2018年、牡羊座の私は今までやってきたことが具現化する年だそうです。私の周りの人達も目に見える形になってきた人が増えています。

本当に目指していた形、理想の形、それが今までは物理的制限、技術的制限によって妥協していたこと。実は今、その制限が解消されたにも関わらず、今までの形に縛られてしまっていること。
それに気付く人が増えているのかもしれません。

本当に作りたい世界はどんなイメージの世界ですか。
そのイメージを今作るとしたら、どんな形になるのでしょうか。


このように一般世間にはない私が主催するもの、関わる企画のご案内をメールにてご案内しています。
興味のある方は以下の登録ページからご登録ください。
メール配信登録はこちらをクリック
または、Facebookで末次をフォローしてください。
https://www.facebook.com/katsuhiro.suenami

リーディングファシリテーター養成講座(12月15日(金)) in 信州松本



次世代の農業へ、財務から革新を起こす

リーディングファシリテーター養成講座(12月15日(金)) in 信州松本

今回は、新進気鋭の農家専門の財務支援を行う株式会社百一姓(ひゃくいっしょう)様の社内研修として、
12月15日(金)に、信州松本のコワーキングコミュニティSENSE両島オフィスにて、リーディングファシリテーター養成講座を開催しました。

農業からどんぶり勘定をなくして理想の農業所得の実現をサポートする
地球に優しい農法が広まることをサポートする「株式会社百一姓」
https://www.nougyou-kicyou.com/

幼なじみの2人が、元会計事務所、元警官、という異色の経緯を経て立ち上がりました。
創業というプレッシャーから無理をして休んでしまったり、紆余曲折をしながらも、ありそうでなかったサービスを展開しています。

単純なお金のことだけじゃなく、農業という自然の摂理に向き合った考えを根底に財務的な面をサポートしています。

ただの勉強じゃない。
書籍から気付きを得て、次の一歩を歩んで、現実の世界を変えていくRead for Action読書会。


次世代の農業経営者を集めて、勉強会、コミュニティ形成にRead for Action読書会を活用していくとのこと。
楽しみです。


リーディングファシリテーターとは、Read for Action(リード フォー アクション)というスタイルで読書会を進めて行くファシリテーターのことです。
詳しくは、Read for Aciton協会のホームページをご覧ください。
Read for Aciton協会ホームページ: https://www.read4action.com/

Read for Actionスタイルの読書会は、ファシリテーターによって本当に個性が出ます。
参加者も新たな気付きを得て変容をしていくのですが、実はファシリテーター自身がもっとも変容を促されます。

自分の才能に気付いて、日常の中で表現できるようになって欲しい。
会社で働くにしろ、事業を立ち上げるにしろ、経営するにしろ、家庭の中で、地域の中でそれができるようになる普遍的な技術、考え方だとRead for Actionは思います。

上記の協会ホームページでは、全国各地で開催されている読書会の情報もアップされていますので(申込みもできます)、そちらもご覧ください。

社内研修としてお請けしています

私すえなみは、シニアリーディングファシリテーターとしてきちんと認定を取得し、活動しています。
実際にお客様社内での研修で使用しており、受けた方から受講を希望される方が多いです。

カウンセリング、研修講師のご依頼はこちらの[問い合わせ]をクリック。
メールの場合は、 k-suenami@wagamamalive.com
電話は、090-9122-6032