新入社員が職場のルールに合わせることは良いことなのか?

こんにちは。
すえなみです。

対話の考え方を、新入社員や新しい職場で働くことに適用してみる

就職して初めての職場で働く時、
「早く仕事を覚えよう!」
「職場の人と仲良くしよう!」
と考えて、職場のルールや同僚について知ろうとします。

この時に、知るのは良いのですが、合わせよう。としてしまうとうまく行かないこともあります。

同僚も自分も初めての出会いで、お互いのことを知らない。
という点では同じ立場です。
多くの方は、既存の職場というコミュニティーに新しい人が入ってくるので、入ってくる人が職場に合わせていくのが当たり前だと思っていますが、コミュニティを構成する人が変わった時点で多少なりともコミュニティは作り直されます。

つまり、新入社員が職場のことを知るのみじゃなくて、同僚の方も新入社員のことを知る必要があります。

ここで、新入社員の方が気を遣って、自分のことを殺して、同僚に合わせたらどうなるでしょうか。同僚の方は、いつまで経っても新入社員のことを知ることができません。それどころか、同僚に合わせた仮の姿を本当の姿だと誤解を始めます。

誤解をされたままで関係を深まっていくので、新入社員はいつまで経っても職場に馴染めなくて、ストレスを抱えてしまいます。

”せっかく採用してもらったのに辞めることになったらどうしうよう・・・”

自分を出して、うまく行くか行かないか。それは神のみぞ知るところです。心配することは構いませんが、しょせんコントロールすることはできないことなので、その時はご縁がなかったと諦めて次へ行きましょう。

新入社員の方は、職場に合わすのではなく、自然体の自分を出すことも意識しながら勤めるといいでしょう。
受け入れる職場の方は、仮の姿かも知れないことを念頭に接していくこと、なにより素が出せる安心安全な雰囲気作りを心掛けてみてください。

相手に合わせるのではなく、まずはお互いを知る、ところから始めましょう。

こんな感じで末次(すえなみ)が感じたこと、考えたこと、ブッシュクラフト、起業、本のご紹介などをメールマガジンで無料配信しています。いつでも解除できますので、気になった方は以下からご登録くださいね。

・経営者、個人事業主の方へ 〜メンタリングセッションはこちら〜
https://www.wagamamalive.com/mentoring-business-owner-manager/

メールマガジンのご案内

・ブッシュクラフト関連
・あなたらしい仕事作り
・御社ならではの事業作り
・読書会やSENSE図書館関連
・日々の気付き

のメールマガジンを発行しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です