お金を使わない社会の仕組みを作る上で、実は厄介なのが・・・


【お金を使わない社会の仕組みを作る上で、実は厄介なのが・・・】

今、お金を介してやっている労働。

これをお金を貰わなくても、全員が今と同じことを一斉にやれば、今と全く同じ社会がお金を使わなくても成り立つわけで、

これは全員が意識を変えるだけなので、比較的実現しやすい気がしますが、
課題なのは町会とかPTAで行なっている、今でもお金を介さないで、義務的に行われていること。

一人一人が義務ではなく、自分の使命に沿って行動することで、統制しなくても、全てが成り立つ社会になるには、一段段階が必要で、

町会やPTAをNPO(法人)化して、対価をもらって地域のことをするようにする。

こうすると、
全員が公平に労働を分配するのではなく(ソ連の計画経済みたいですね)、会社と同じように入る入らないが明確になり、得意不得意で役割も明確になる。

(今は公平を保つ建前で、同一労働を分配している)

この上で、
ビジネスと同じように、対価をもらわないでも労働する段階へシフトする。

こういうことが必要なのかなと思いました。

メールマガジンのご案内

・ブッシュクラフト関連
・あなたらしい仕事作り
・御社ならではの事業作り
・読書会やSENSE図書館関連
・日々の気付き

のメールマガジンを発行しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です