NPOとか市民活動的な事業(ぱっと見お金が稼げないもの)のビジネスモデルを考えるコツ


【NPOとか市民活動的な事業(ぱっと見お金が稼げないもの)のビジネスモデルを考えるコツ】

いわゆる、
NPOとか市民活動的な事業(ぱっと見お金が稼げないもの)のビジネスモデルを考えるコツは、

その活動をして非金銭的な得られるもの(例えば、人脈だったり仲間だったり、ノウハウや情報だったり)を、まずは頂く。

次に、
それを使って、先の事業と関係あってもなくても良いので、できる活動をする。

1つ目の事業ではお金は稼げなくても、2つ目の事業で稼げたり、または、お金じゃなくても食べ物だったり、必要なものが手に入る。

具体的に言えば、
子供食堂をやってて、そこからはお金は稼げない。

でも子供食堂をしていることで、
廃棄物の情報が入るのかもしれない。飲食関係の繋がりとか。

んで、
その情報を使って、廃棄する食品を格安で売るとか、飲食の広告をするメディアを立ち上げるとか。
そもそも、自分も一緒に食べて食費がいらなくなったり。

こんな風に連続したビジネスモデルを構想すると良いと思います。

また、
通常のビジネスにしても、表に見えるのは2つ目の事業で、連続したビジネスモデルになることで、他社では真似できないものになります。

メールマガジンのご案内

・ブッシュクラフト関連
・あなたらしい仕事作り
・御社ならではの事業作り
・読書会やSENSE図書館関連
・日々の気付き

のメールマガジンを発行しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です