ビジネスにおけるお金の役割


お金は人を動かす手段

ーーー

誰もが自分だけの生き方ができる時代の経営を学ぶ。
”サバイバル経営学”

20-50人規模の会社経営者向けにメッセージをお伝えしています。

【ビジネスにおけるお金の役割】

一般的に、
ビジネスはお金を稼ぐために行うものと思われています。

ですから、
なるべく費用を抑えて(人件費や設備代、営業費用など)、売上を大きくする(販売数や商品単価)
という視点しかありません。

サバイバル経営学では、ここに

”人を動かす手段”

という視点を導入します。

お金を使って人を雇うということは、
お金で人を動かすことになります。

お金を使って設備を買ったり、動かしたりすると言うことは、
お金でその設備を動かす、
お金で物が生まれる、

ことをします。

売上として入ってくるにしろ、
費用として出すにしろ、

お金が動く、その反対側には、
人の動きがあります。

「あなたのビジネスは、どんな人の動きを作り出していますか」

「その人の動きによって、どんな社会が作り出されていますか」

[無料]メールマガジンのご案内

・社員が独自の才能を活かし社会に貢献する 会社風土作り
 のコツ
・自分の人生を生きるキャリア、起業に関する話
・ブッシュクラフト、防災関連知識
・読書会やイベント情報
・すえなみの日々の気付き

をメールマガジンで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です