「Yes means yes!スウェーデンの性行為同意法がレイプの定義を変える」


2018年7月1日、
スウェーデンでは性行為に関して「積極的な同意(Yes)」を必要とするという新たな性犯罪規定が施行されました。

新たな規定は明示の同意に基づいています。

つまり、
性行為は自発的なものでなければならない、
「Yes」だけが同意したということであり、

それ以外は「No」(不同意)と解釈するということです。

(引用元:
http://hrn.or.jp/news/17113/?fbclid=IwAR3XDPJBahIKI6zpouytYCYu9kxI_u52nJ0fiAVfRhnllpRB7AxBfoZqHTU

ーーー
性行為以外にも、

積極的に「NO!」と言わなければ、
自動的に入るもの、やらなければいけないこと、慣習的に続いてしまうもの。
が、社会には沢山ありますね。

もちろん、
それによって交渉しなくて良くて、考えなくて良いメリットもあったりします(これは性交渉の話じゃないですよ)。

でも、
往々にして権威側が都合の良いように使っている場合が多いので、

慣習、
常識、
を見直すタイミングなのかもしれません。

「あなたの会社で、慣習で続いているものはありますか。それを見直してみましょう。」

「あなたの商品、サービスを習慣化することはできませんか。」
習慣は、何よりも強い動機になります。

[無料]メールマガジンのご案内

・社員が独自の才能を活かし社会に貢献する 会社風土作り
 のコツ
・自分の人生を生きるキャリア、起業に関する話
・ブッシュクラフト、防災関連知識
・読書会やイベント情報
・すえなみの日々の気付き

をメールマガジンで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です