自然体

実は今年春に母親を亡くしまして。

その時に思ったのは、生死のコントロールなんてできないってこと。何をしても、聖者であろうと悪人であろうと死ぬ時は死ぬ。どんなに死にたいと願っても生きる時は生きる。

健康で長生きするために何かをする。生きるためにお金を稼ぐ。学ぶ。
死なないために何かをすることは無意味で、生死を目的に行動を決めるのは意味がないことだと思いました。

じゃあ、何のために自分は生きているのか。何をしたらいいのか。一時期、全てが虚しくなった時があります。

そんな時、あるイベントに参加したときに出会った方からこんな言葉を頂きました。
「なんか自然体でいいよねー。」と。

虚しい時を過ごしていても、決して死にたいと思ったわけでもなく、自分の中の感情がなくなったわけではなく、笑いたいときに笑い、悲しいときは悲しみ、家族で遊ぶときには遊び。
何も考えずにただ過ごしていただけなのですが、それが自然体であることでした。

自然体で居ようとしたわけでもなく、力を抜こうと思ったわけでもなく、力んでいる時は力み、ただ過ごしていただけ。

[無料]メールマガジンのご案内

・社員が独自の才能を活かし社会に貢献する 会社風土作り
 のコツ
・自分の人生を生きるキャリア、起業に関する話
・ブッシュクラフト、防災関連知識
・読書会やイベント情報
・すえなみの日々の気付き

をメールマガジンで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です