2.ハードルを乗り越えるエネルギーになる文章を付け加える 〜チラシやランディングページを作るのが苦手な人、はじめての人へ〜

「カレーの食材売っています。」

こんにちは。
地域資源活用ー新規事業、新商品サービス立ち上げ支援をしている末次(すえなみ)です。
今日は、ビジネスをするにあたって欠かせないチラシの作り方、web時代のチラシ ランディングページの作り方についてお話しします。

「カレーの食材売っています。」
前回、この1文だけでもチラシやランディングページは成り立つと言いました。
一般的な価格で、お店の近所の人はこれで買いに来るでしょう。

では、近所じゃない人や少し高めの価格にしたい場合はどうなるでしょうか。
(ちなみにこれは来て欲しい人の設定を変えるだけのことなので、どちらが良いと言うわけではありません。どちらかを選べば片方は来なくなります。あなたがどちらを選ぶかだけの問題です。)

この場合、お店に来てもらうにはお客さんの心理的ハードルが少し上がります。
家から離れたお店なので時間がかかる、他と比べて高いので理由が欲しい。

「美味しいカレーの食材売っています。」

とすればどうでしょうか。
”美味しい” を付け加えたので、その理由が必要になります。
なので、チラシやランディングページには理由を付け加えていきます。

例えば、
・朝採れ、新鮮な食材
・シェフのレシピ付き
・スパイスも一緒に売っています。
・試食あり
・限定20セット売り切れゴメン
・旬のこの時期だけ
・たまたま、まとまった数量を確保できた

基本的な1文があって、対象とした人の心理的ハードルが高ければ、そのハードルを乗り越えるエネルギーになる文章を付け加えていきます。

鶏が先か卵が先かと同じ話なのですが、対象とする人に合わせて理由の数を無理やり作るものではなく、自然と一致するものです。
文章に付け加えるエネルギーと対象となる人が自然と一致するように、両方を検討します。

メールマガジンのご案内

・ブッシュクラフト関連
・あなたらしい仕事作り
・御社ならではの事業作り
・読書会やSENSE図書館関連
・日々の気付き

のメールマガジンを発行しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です