4.出てきたアイデアを試す(新しい新規事業の作り方)

こんにちは。
地域資源活用ー新規事業、新商品サービス立ち上げ支援をしている末次(すえなみ)です。
今日は、新しい商品やサービス、事業を作る時に必要となる”アイデア出し、アイデア発想”の方法について、お話しします。

4.出てきたアイデアを試す
出てきたアイデアは、実はそのままチラシやランディングページの文章になります。
このチラシを対象とする人に見せて反応を観ます。

ーーーーー
(対象が必要としていること、欲していること、その先にある未来)
”子どもがゲームに夢中になって夜更かしをしてしまう!
お困りの親御さんへ。”
・毎日ガミガミ言わなくてもいい。
・子どもが自然と寝てしまう。
・朝も自然と早く起きる。
・あったかい我が家。
・自然と家族が集まる。
(既に私達がしていること、したいこと)
そんな毎日を”薪ストーブ”で実現しませんか。
(アイデア)
なぜ、薪ストーブがあると子どもが夜更かししないのか。
5つの理由。
・・・
(反応をみるための行動)
○月○日、薪ストーブ体験会を開催します。
当日は、薪ストーブ料理や薪割りもお楽しみいただけます。限られた人数でしか対応できないため、参加希望の方は事前にお申し込み下さい。
・・・
ーーーーー

ここでのポイントは、必ず反応を見ることができるように行動をいれること。反応をみることができなければ、実験をする意味がありません。反応が悪ければ、アイデア出しに戻って表現を変えるか、対象とする人を変えるか、提供する物を変えるかします。

対象とする人、想像される未来、既にしていること。
この3つの組合せと、これらを繋ぐアイデア(表現)。
これの最適な状態を見つけることが新規事業を立ち上げるということです。

また、これの良い点は、同時に対象とした人と繋がることができることです。新規事業の立ち上げと共に顧客開拓までしていることになります。

ここまでの段階で作る必要がある物は、チラシやランディングページだけです。チラシやランディングページは、物やサービスを作ってから売るために作る物だと思われがちです。
しかし、実は最初に作るものであってもいいのです。

こんな視点で、世の中にあるチラシやコピーライティング、マーケティングの本を読んでみると、また違った気付きが得られると思います。

メールマガジンのご案内

関わっている事業のノウハウ、実績をメールで配信しています。幸せになる生き方、働き方、組織の作り方、新規事業、新商品サービスの作り方、ブッシュクラフト、里山、個人事業、会社立ち上げ、アイデアの作り方etc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です