あなたの新規事業は、ケーキ屋さん?掃除機?男性用化粧品?



こんにちは。

新規事業、起業パートナーの末次(すえなみ)です。

・新規事業作り、アイデア発想の社内研修について、
以下をクリックしてご覧ください。
https://www.wagamamalive.com/newbusiness-consulting/

新規事業を考える上で、知っておくと良い3つの段階

新規事業を作っていくにあたって知っておくと良い3つの段階があります。ご自身が今考えている新規事業はどの段階のものか、一度検討することをオススメします。

それぞれの段階で、対象とするお客さん、チラシ作り、商品のパッケージがまったく違ってきますし、間違えると失敗の原因になることがあります。

巷にある、起業や創業スクールで教えている内容も、この3つの段階に当てはめて考えるといいと思います。

傾向としては、

  • 商工会議所などの創業スクールは1の段階
  • 革新的な商品、イノベーションと呼ばれる物が2の段階
  • Amazonや広く言えばインターネットが3の段階

になります。

  1. 既に世の中にある商品を売る場合。
  2. 例えば、
    ラーメン屋さんとかケーキ屋さん、パソコンとかスマホですね。

    その商品そのものについて、聞けば誰でも想像が付く物です。

    新しいラーメンとか、新しいケーキを売る新規事業の場合です。
    ここでのポイントは、差別化です。

  3. 世の中になかった物だけど、それによって得られるもの(ベネフィット)は既にあるもの。
  4. 例えば、
    ほうきで掃除をしていた時代の掃除機です。

    掃除をして部屋がキレイになること(ベネフィット)は既に知っているし、皆が求めている状態です。ほうきという手段を使っていたのだけど、新しい手段(掃除機)を提供する場合です。

    ここでのポイントは、掃除機という新しい手段があることを周知することです。
    そして、ほうきとの違い、その良さを周知することです。

  5. 新しく文化を創る。
  6. これに対して疑問を持つ人は少ないと思いますが、
    「部屋がキレイになって・・・、で、何なの?」
    というレベルの物です。

    男性用化粧品専門の口コミサイトがオープンしたことをご存知でしょうか。
    男が化粧をすることは今までは少数派だったと思いますが、ジワジワと広まりつつあります。
    (ちなみに口コミサイトはこちら:
    http://osme.site/

    これこそ、男も化粧をするという新しい文化を創っていることになります。

    新しい文化ができることによって、新しい市場が生まれ、商品が誕生します。

    男性用化粧品はココの段階ですね。

    市民活動やNPOが関わる事業というのは、この段階のものが比較的多いかもしれません。
    孤食や貧困家庭における子どもの支援”子ども食堂”は、ご飯を家族以外の人とみんなで食べる。食材や場所、労力の提供を周りが支援する。という、新しい文化を創っています。

    ここでのポイントは、オシャレ、かっこよさの周知です。
    また、その商品がある新しい世界の周知です。

    例えば、
    電気自動車を普及させるには、電気自動車を作るだけではできません。
    充電ステーションを各地に配置したり、修理や部品を提供するお店作り、電気自動車の使い方、楽しみ方を伝えていく必要があります。

    これらを全体的に進めなくては文化ができません。

    余談になりますが、逆に言えば、
    この一部だけでも無くなると、今ある文化は崩壊していきます。

    私は里山の自給的、循環的な暮らしを継承していきたいなと思うのですが、今の時代に合わせた暮らしを模索中です。

こんな感じで末次(すえなみ)が感じたこと、考えたこと、ブッシュクラフト、起業、本のご紹介などをメールマガジンで無料配信しています。いつでも解除できますので、気になった方は以下からご登録くださいね。

メールマガジンのご案内

読書会、講座のご案内、関わっている事業のノウハウ、気付きをメールで配信しています。幸せになる生き方、働き方、組織の作り方、新規事業、新商品サービスの作り方、ブッシュクラフト、里山、個人事業、会社立ち上げ、アイデアの作り方etc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です