苦悩しながらも、幸せな組織作りを目指した実践事例  第6回(中村朱美氏(佰食屋))

ガイアの夜明けでも特集された、
どんなに売れても100食限定で話題の
中村朱美(佰食屋)氏の著書

「売上を、減らそう。」

(Amazonのリンク https://amzn.to/38nyBQ8
より

人が出入りできる余白を作る

余白は無駄なものじゃなくて、必要なもの。

自分に合わせることで、勝手に差別化

前回の記事でも書いたとおり、

人口減の今の時代、
日本全体の売上は必然的に決まってしまいます。

(海外市場へと範囲を広げれば、まだ売上は上がるのかもしれませんが、
地球全体で見ても、いずれ売上は一定になります。
ならば、
日本は先駆けて、売上が一定な世界で、人が豊かに生きるシステムを作ってしまい、世界の見本となることが良いと思っています。)

売上が固定された場合、
質の向上が始まります。

質の向上とは、何かと言えば、
ひとりひとりのお客様に合わせたサービスになります。

人は、
ひとりひとり違う価値観を持っていて、時と場合によっても、変わってきます。

この1人1人違うニーズに対応することが、差別化のポイントになりますが、
どうやって差別化をしていったら良いのでしょうか。

それは、
「自分に合わせること」です。

自分の生き方、
自分の働き方、
に合わせて、ビジネスを作っていきます。

これは、
「売上を上げない。」
からこそできることです。

売上を上げようとすると、
どうしたって相手に自分を合わせることになります。

相手に合わせるとどうなるか。

他の競合他社も合わせるので、結局差別化できずに、
一日に百食売ることができなくなります。

一日百食という動かない枠があるから、
自分の働き方に合わせる工夫ができます。

そもそも就業時間内に、利益を出せない商品や企画って、ダメじゃないですか

たとえ、
社員が無理をして残業をして、利益を上げたとしても、
そんな商品やサービスが世の中に必要でしょうか。

商品やサービスが求められているとしても、
事業としてビジネスモデルが未熟です。

そういう事業は、早々と世の中から消えてもらいましょう。

代わりに、
社員が無理をしなくても利益を出せる事業が生まれます。

自分だけの生き方をする人は孤独です

こんな想像をしてみてください。

あなたは街に住んでいます。
同じ様に街に住みたい人が集まっているので、住んでいる家は小さく、お客さんを呼ぶスペースもありません。

かたや、
あなたは田舎に住んでいます。

誰も住みたいと思わない場所ですが、あなたは気に入っています。

ポツンと一軒家なので、
お客さんが来れば、泊まる部屋も、駐車場も、一緒にBBQができる庭もあります。

ーーー

人の生き方も同じではないでしょうか。

他の人はしたいと思わないけど、あなたは気に入っている生き方。

他の人はいないので、
そこには沢山の余白があります。

でも、
余白があるから、
他の人が出入りすることができます。

自分の生き方を選ぶ人は、
寛大で穏やかです。

どこまで行ってもゴールが見えず、
いつもギリギリを求められる世界。

そこから、
余白を作り、その余白で人と交わりながら生きる。

そんな豊かで、穏やかな世界へ。

「あなたのお店や商売も、
売上を減らして、余白を作りませんか。」

中村朱美 編(おわり)

[無料]メールマガジンのご案内

・社員が独自の才能を活かし社会に貢献する 会社風土作り
 のコツ
・自分の人生を生きるキャリア、起業に関する話
・ブッシュクラフト、防災関連知識
・読書会やイベント情報
・すえなみの日々の気付き

をメールマガジンで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です