あなたの会社の才能と役割が明確になり、 事業が加速する エンタープライズキャンバスとは1/10

このキャンバスに書き込むだけで、
自社のことがよく分かる。
相手に伝わる。
そして、圧倒的に事業が加速する。



はじめに

私は、大学卒業後、普通に会社に勤めサラリーマンとして14年間勤めた後、起業しました。
試行錯誤しながら、幾つかの事業を立ち上げていく中で一番考えていたことは、
「自分のことをどうやって伝えたら良いのだろう」
「自分が世の中に求められている役割って何だろう」です。

事業を作るプロセス

自分のことを自分が知っていくこと

このレポートの目的は、

  • USP(Unique Sales Position)、
  • ミッション、
  • ビジョン、
  • ビジネスモデル、
  • 経営理念・・・

会社のことを表す言葉は沢山ありますが、
これらをどんな風にまとめれば、事業を加速することができるのか。

このレポートでは、
私が今まで試行錯誤してまとめたものをお伝えします。

このキャンバスでまとめるとあなたの会社は・・・

このキャンバスでまとめた
結果・・・

「あなたの会社ってどんな会社?」
に明確に答えられる
ようになります。

その相手は、お客さんだけではありません。
あなた自身、そして社員も明確になります。

  • USPが明確なので、競合他社、パートナー企業との連携が加速
  • あらゆる商品サービスに応用可能なコア・セールスコピーが手に入る
  • 自社でやるべきこと、やらないことが明確になり、事業判断が速くなる。
  • 社員が内発的動機で動きだし、自己組織化が進む

事業について、実践し学んできた集大成

このキャンバスの根底となる思想は、

「内発的動機を起点とする」

つまり、
1人1人の「やってみたい!」を出発点として、すべてが導き出されます。

  • 例えば、
    新しいビジネスモデルを思い付いたとしましょう。
  • 
お客さんも確実にいる。
    必要な資源(人、物、金)も揃っている。
    やったら確実に儲かる。
  • でも一点だけ問題があって、
    「やりたいと思わない。」
  • スタッフが嫌々やっているお店にお客さんは来るでしょうか。
    満足するでしょうか。
    何か課題が出てきたときに、解決する努力をするでしょうか。
  • いくら儲かるビジネスモデルだからといっても、このお店はうまくいかないでしょう。

1人1人の「やってみたい!」を出発点にしているから、人が動き、物が動き、事業がダイナミックに動いていきます。

鏡がなければ・・・

人は、自分のことを見ることができません。

企業も自分のことを見ることができません。

USP、ミッション、経営理念、ビジネスモデル・・・

これらは企業にとって、自分のことを知る鏡です。

鏡があるから、
自分がどんな状態で、何をしたいのかが分かる。

顔の表情や身振り手振り、服装まで、
相手に伝わる印象を知ることができる。

これから、会社を映し出す鏡の使い方を見ていきましょう。

事業がダイナミックに動き出すには

理念(エネルギー源、1人1人の内発的動機)

バリュー(どんな才能を使って)

コア・セールスコピー(どんなメッセージを)

ミッション(誰に届けるのか)

USP 独自のポジション(果たすべき役割)

広報戦略、各事業のビジネスモデル間の繋がり

(理念に戻って循環する)

これを図で表したものが
エンタープライズキャンバス

図をクリックすると拡大します。



これから、ひとつひとつの項目について解説していきます。

解説レポートのpdfを一括でダウンロードしたい方は、以下のURLをクリックしてください。

https://mailchi.mp/697b873cfbfa/zhe08gmtkx

[無料]メールマガジンのご案内

講座のご案内、新着動画のご案内をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です