広報戦略を書く-エンタープライズキャンバス9/10

[解説レポート] あなたの会社の才能と役割が明確になり、
事業が加速する
エンタープライズキャンバス

このキャンバスに書き込むだけで、
自社のことがよく分かる。
相手に伝わる。
そして、圧倒的に事業が加速する。




図をクリックすると拡大します。

広報戦略を書く

各事業の関連を見る

広報戦略を書く1

  • 一般的には広報は、
収益事業がうまくいくように補助する事業だと思われています。
    しかし、
    ここでは収益があるなしに関わらず、会社で行っている事業は全て広報事業として捉えます。
  • こうすると、
    会社が行う行動に一貫性が出てくるので、そこから信用が生まれます。
  • 広報事業の中でも、
    お金を介すとよりうまくいく事業があって、それを収益事業と捉えます。
  • 信用があるからこそ、
    その信用を元に収益事業がうまく行きます。

広報戦略を書く2

  • そう捉えて、
    それぞれのビジネスモデルキャンバスを並べて見てみると繋がりが見えてきます。
  • ある事業を行う結果できた人脈が、
    違う事業のKR(資源)やKP(パートナー)となったり、
ある事業ではCS(お客さん)だった人が、KP(パートナー)になったり、

    それぞれの事業が歯車のように噛み合って、
    全体が動く繋がりが見えてくるので、それを矢印で書き込みます。
  • 模造紙の様な大きな紙にキャンバスを貼り付けて、書き込むと良いですね。

解説レポートのpdfを一括でダウンロードしたい方は、以下のURLをクリックしてください。

https://mailchi.mp/697b873cfbfa/zhe08gmtkx

[無料]メールマガジンのご案内

講座のご案内、新着動画のご案内をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です