[次の一手 ご質問回答編 ] ちょっと楽しくなってきました。

 
先日配信しましたメルマガに対してご質問が来ましたので私なりに回答させて頂きました。
同じ様な境遇、疑問をお持ちの方にとって参考になると思い、一連のやり取りを紹介しますね。
(許可をいただき、ありがとうございました)

先日(10月12日)に配信した

一生お金に困らない生き方 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/18
心屋 仁之助 (著)
http://amzn.to/2bTf9De (amazonのページへリンク)

を紹介したメルマガへの質問です。
(このメールの一番最後に再掲していますので、参考にして下さい)

ーーーーーーーーーーーー
(質問者A様からのメール)

末波様
メルマガ面白いです。
ご質問ですが、私は生活困窮者の支援をする団体で働いています。
母体にお金がないことを解ってやっている上でのことなのですが、ほとんどボランティアで持ち出しです。現状では後1年しないうちに自分が生活困窮者になるでしょう。
これでいいのか?と時々思います。いいわけないですが。
労働の対価として報酬があると考えれば労働じゃないようです。仕事はどんどん入って来るけどそれに伴う報酬はない。やめられないのは、この仕事が自分にとっての居場所だからですが、何か間違っているような気もします。
そうこうしているうちに年齢を重ね、就職もままならない年になってしまいました。
世間から見ればとんでもない話だと思います。
或いはとても裕福に見えるようです。
果たして、出した分のお金は戻って来るのでしょうか?どこがどう間違ってこうなったのでしょう。よく、お金はないに焦点を当てるとほんとになくなると言われますが、ひたすら減って行きます。これでいいのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーー
(末次の返信メール)

メールありがとうございます。
こうやって反応を返して頂けると続けて行くエネルギーが湧きます。嬉しい限りです。何かあれば、一方的な感想でもいいので、気軽に送ってくださいね。自分で気づいたことを文字に起こして書くだけでも見えてくるものがありますから。

さて、ご相談の件ですが、
私からは具体的なことに関して、何を良いとかアドバイスはできません。
幾つかの視点をお伝えしますので、その中からヒントが見付かれば嬉しいですし、何もなければ私の力不足と言うことでご容赦下さい。

まずは、
未来と過去は無視して、今だけを見てみましょう。
お金があるなしに関わらず、今ココにあなたは存在しています。あなたが今ココに存在するために必要な物は全て揃っているから、あなたはココにいますよね。

あなたが今ココにいることとお金のあるなしは関係ありません。
原因も理由もなく、ただココにいるからココに居る。

そして、あなたはご自身のやりたいことをしています。
やりたいことをして、今ココに存在していることは、とても幸せで豊かなことですね。ご自身も書いていましたが、はたからは裕福に見えると。実際、していることは裕福な人と同じ生き方をしているわけです。

さて、
今ココに存在するために必要充分なもので満たされているあなたは、何をしたいですか。

友達とお話しをする、料理を作る、ご飯を食べる、歩く、寝る、何もしない。

それをしたらいいと思います。

ココでの注意ポイントは、
人の為に行動しないこと。

例えば、
ご飯を食べられない人がいるからその人のために料理を作ってあげる。料理したくないのに。
孤独な人がいるからしゃべり相手になる。しゃべりたくないのに。

じゃなく、
料理がしたいからする。それを食べたい人がいたから食べさせてあげた。
喋りたいからしゃべる。一緒にしゃべりたいという人がいたから、一緒にしゃべった。

あくまでも自分のしたいが先に来ること。それを求めている人がいようがいまいが関係なく。誰の評価も関係なく。

お金がどこから来るか、それは分かりません。
ただ、仕事の対価としてもらうだけじゃないのは確かです。

遺産が転がり込んで来るのか、道で拾うのか、パートナーに養ってもらうのか、親族、友人にお金くださいと頼むのか。色んな可能性を見てみて下さい。

私が毎週しているように、身の回りに起きた出来事を書き出していると、今まで見逃していた物が見えてくるかもしれません。実は仕事の依頼が来ていたのに無視していたとか、お金あげると言われているのに無視していたとか。よければ参考に。
https://goo.gl/uPSGb0

それでは豊かな人生に乾杯!

ーーーーーーーーーーーー
(質問者A様からのメール)

お忙しい中解答をいただいてありがとうございます。
本当にそうだなぁと思いました。
必要なパーツは今ここに揃っている。
これからは、人のためではなく、自分がしたいからする を実践します。
親は兄弟がめちゃめちゃ多いので、遺産は望み薄ですが、財布を拾って1割お礼を貰うとか、色々考えて楽しんでみます。
自分という存在にお金が払って貰えるなら最高に嬉しいです。
ちょっと楽しくなってきました。


以下、メルマガ再掲。


社会人のための
現状を打破する次の一手が見つかるメルマガカウンセリング

「お金を欲しいだけ稼ぎたい!」
と思ってい人にお薦めする本3冊のうち、2冊目


一生お金に困らない生き方 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/18
心屋 仁之助 (著)
http://amzn.to/2bTf9De (amazonのページへリンク)


以下で、私なりにポイントを解説します。

ーーーーーーーーーーーー
「え、ほんとに?」
豊かさ:
お金は天下の回りもの。
そんな言葉は聞いたことがあると思います。

受け取ったお金や豊かさは出さないといけません。
それどころか、先に出さないと入ってきません。

私自身、見返りが期待できないところ。例えば、神社とか、コンビニの寄付をしました。
金額も1万単位で。

するとどんな変化が起きたでしょうか。

私の場合、
仕事でお金を請求することにためらいがなくなりました。
むしろ、他の人に渡すぐらいなら、俺に渡せというぐらい。

なぜなら、
自分に自信があるからです。私にお金を回せば、社会に必ず回す。
そして、回り回って何倍にもなってあなたに帰って行く自信があるからです。

そう、出口を持っているからです。

「ふ〜」
他力:
単純な話しです。

1人で穴を掘った場合と、10人で掘った場合。
どちらが大きな穴を掘ることができるでしょうか。

社会のために、周りのために何かしよう。
そんな真面目な人ほど、この理屈が分かっていません。

社会のために、周りのために何かしたいなら、自分ですることをやめましょう。
人に頼って、お願いして生きよう。

もしかしたら、あなたは心苦しいかもしれません。
でも、あなたが心苦しいだけで、結果を見たら一目瞭然。
人に頼って、お願いした方が大きな成果を残せるのです。

それができないのは、
あなたが人を信用していないから。
あなたが自分だけが誉められたいから。

「お願いするか」
存在給:
入ってくるお金には2種類あります。
存在給と頑張り給(歩合給)

頑張り給とは、頑張った分、働いた分だけもらえる歩合給です。
普通はこっちしか考えたことないですよね。
働いた分だけもらう。

実はもう一つあって、それが存在給です。

これは、何もしなくてももらえるお金です。
「それって、不労所得だよね。不動産とか、会社の株主とか、そういう人は何もしなくてももらえるよね。」

違います。

理由がなくてももらえるお金です。
ただ、そこに存在しているだけで、生きているだけで貰えるお金。
しかも、それは自分で決めることができる。

「えっ、えっ」
助けて:
助けてと言える人と言えない人。
その違いは、”自分の素晴らしさを自分が分かっているか、いないか”

助けてと言える人は、自分の素晴らしさを分かっています。
だから、助けてもらった代わりに何かしなくちゃ、と思っていません。
ただ、生きているだけで価値があると思っているから。

周りの「すごいよね」という評価。
きちんと受け取ると「ありがとう」という感謝が出てきます。

素直に受け取り、素直に表現する。
自分に素直になる。

「くっそ」
親切な人:
存在給が低い人は、下りのエスカレーターに乗って駆け上っているようなものです。
ちょっとでも休むと、下に下がって行ってしまう。
だから、身体に鞭打って必死で毎日毎日頑張る。

逆に上りのエスカレーターに乗っている人もいます。
彼ら、彼女らは、優雅に会話を楽しんでいます。
全然、走っていません。
だって、勝手に登っていくのだから。

それを見て、下りのエスカレーターに乗っている人は文句を言います。
「なんで、頑張らないんだ!」
「ずるい!」と。

上りのエスカレーターに乗っている人は声を掛けています。
「こっちにおいで。」と。

でも、来ないで文句ばかり言っている。

「よし!」
お金儲け:
お金儲けしたり、お金を使うことの罪悪感ってどこからくるのでしょうか。

それは、親の言葉だったり、友達の言葉だったり、テレビだったり、学校だったり。
そういった外部で作られたイメージだったりします。

お金を使って悪いことが起きた経験ってありますか?
逆に、お店の人からは感謝され、自分のやりたいことができるようになったりして、良いことしかないですよね。

自分の好きなことをするために、お金をきちんと使ってあげる。

これが、お金を欲しいだけ稼いで生きる。
その方法です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

著者が伝えたいことではなく、本を読んで私すえなみが気付いたことをご紹介しています。
本って、1回読んだだけで終わりじゃなく、2回目、3回目と読んだときに、その時に必要な新しい気付きが生まれるものだと思っています。ですから、ここに書いてあることが全てではないですし、私自身も言っていることが180度反対になることがあることをご承知おき下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー

————————————————————-
本メルマガは、自由に転送、転載、シェアして頂いて構いません。
多くの方に活用して欲しいと思っており、無料ですので、気軽に友人、知人、知らない人に以下のリンク先をお伝え下さい。

質問などもこのメールに返信する形でお問い合わせ下さい。
但し、本メルマガカウンセリングやブログにて公開することもありますので、ご了承下さい。

”無料”メルマガカウンセリングの詳細、お申し込みはこちらから↓
http://eepurl.com/b1MTv9

過去に発信した記事は以下のwebサイトをご覧ください↓
http://goo.gl/s2rqxG

============================================================
社会人のための
現状を打破する次の一歩を見付けるサポート

”自分の未知なる無限の可能性に気付いてワクワクを取り戻す”
末次克洋(すえなみ かつひろ)
090-9122-6032(携帯)
k-suenami@coprojectm.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/katsuhiro.suenami
Twitter: https://twitter.com/suekun

株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM
——————–

本メルマガカウンセリングに参加したい方は、以下のリンク先をクリックして、ご登録ください。
http://eepurl.com/b1MTv9

[次の一手 2016/10/12 ] 一生お金に困らない生き方

 

社会人のための
現状を打破する次の一手が見つかるメルマガカウンセリング

「お金を欲しいだけ稼ぎたい!」
と思ってい人にお薦めする本3冊のうち、2冊目


一生お金に困らない生き方 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/18
心屋 仁之助 (著)
http://amzn.to/2bTf9De (amazonのページへリンク)


以下で、私なりにポイントを解説します。

ーーーーーーーーーーーー
「え、ほんとに?」
豊かさ:
お金は天下の回りもの。
そんな言葉は聞いたことがあると思います。

受け取ったお金や豊かさは出さないといけません。
それどころか、先に出さないと入ってきません。

私自身、見返りが期待できないところ。例えば、神社とか、コンビニの寄付をしました。
金額も1万単位で。

するとどんな変化が起きたでしょうか。

私の場合、
仕事でお金を請求することにためらいがなくなりました。
むしろ、他の人に渡すぐらいなら、俺に渡せというぐらい。

なぜなら、
自分に自信があるからです。私にお金を回せば、社会に必ず回す。
そして、回り回って何倍にもなってあなたに帰って行く自信があるからです。

そう、出口を持っているからです。

「ふ〜」
他力:
単純な話しです。

1人で穴を掘った場合と、10人で掘った場合。
どちらが大きな穴を掘ることができるでしょうか。

社会のために、周りのために何かしよう。
そんな真面目な人ほど、この理屈が分かっていません。

社会のために、周りのために何かしたいなら、自分ですることをやめましょう。
人に頼って、お願いして生きよう。

もしかしたら、あなたは心苦しいかもしれません。
でも、あなたが心苦しいだけで、結果を見たら一目瞭然。
人に頼って、お願いした方が大きな成果を残せるのです。

それができないのは、
あなたが人を信用していないから。
あなたが自分だけが誉められたいから。

「お願いするか」
存在給:
入ってくるお金には2種類あります。
存在給と頑張り給(歩合給)

頑張り給とは、頑張った分、働いた分だけもらえる歩合給です。
普通はこっちしか考えたことないですよね。
働いた分だけもらう。

実はもう一つあって、それが存在給です。

これは、何もしなくてももらえるお金です。
「それって、不労所得だよね。不動産とか、会社の株主とか、そういう人は何もしなくてももらえるよね。」

違います。

理由がなくてももらえるお金です。
ただ、そこに存在しているだけで、生きているだけで貰えるお金。
しかも、それは自分で決めることができる。

「えっ、えっ」
助けて:
助けてと言える人と言えない人。
その違いは、”自分の素晴らしさを自分が分かっているか、いないか”

助けてと言える人は、自分の素晴らしさを分かっています。
だから、助けてもらった代わりに何かしなくちゃ、と思っていません。
ただ、生きているだけで価値があると思っているから。

周りの「すごいよね」という評価。
きちんと受け取ると「ありがとう」という感謝が出てきます。

素直に受け取り、素直に表現する。
自分に素直になる。

「くっそ」
親切な人:
存在給が低い人は、下りのエスカレーターに乗って駆け上っているようなものです。
ちょっとでも休むと、下に下がって行ってしまう。
だから、身体に鞭打って必死で毎日毎日頑張る。

逆に上りのエスカレーターに乗っている人もいます。
彼ら、彼女らは、優雅に会話を楽しんでいます。
全然、走っていません。
だって、勝手に登っていくのだから。

それを見て、下りのエスカレーターに乗っている人は文句を言います。
「なんで、頑張らないんだ!」
「ずるい!」と。

上りのエスカレーターに乗っている人は声を掛けています。
「こっちにおいで。」と。

でも、来ないで文句ばかり言っている。

「よし!」
お金儲け:
お金儲けしたり、お金を使うことの罪悪感ってどこからくるのでしょうか。

それは、親の言葉だったり、友達の言葉だったり、テレビだったり、学校だったり。
そういった外部で作られたイメージだったりします。

お金を使って悪いことが起きた経験ってありますか?
逆に、お店の人からは感謝され、自分のやりたいことができるようになったりして、良いことしかないですよね。

自分の好きなことをするために、お金をきちんと使ってあげる。

これが、お金を欲しいだけ稼いで生きる。
その方法です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

著者が伝えたいことではなく、本を読んで私すえなみが気付いたことをご紹介しています。
本って、1回読んだだけで終わりじゃなく、2回目、3回目と読んだときに、その時に必要な新しい気付きが生まれるものだと思っています。ですから、ここに書いてあることが全てではないですし、私自身も言っていることが180度反対になることがあることをご承知おき下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー

————————————————————-
本メルマガは、自由に転送、転載、シェアして頂いて構いません。
多くの方に活用して欲しいと思っており、無料ですので、気軽に友人、知人、知らない人に以下のリンク先をお伝え下さい。

質問などもこのメールに返信する形でお問い合わせ下さい。
但し、本メルマガカウンセリングやブログにて公開することもありますので、ご了承下さい。

”無料”メルマガカウンセリングの詳細、お申し込みはこちらから↓
http://eepurl.com/b1MTv9

過去に発信した記事は以下のwebサイトをご覧ください↓
http://goo.gl/s2rqxG

============================================================
社会人のための
現状を打破する次の一歩を見付けるサポート

”自分の未知なる無限の可能性に気付いてワクワクを取り戻す”
末次克洋(すえなみ かつひろ)
090-9122-6032(携帯)
k-suenami@coprojectm.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/katsuhiro.suenami
Twitter: https://twitter.com/suekun

株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM
——————–

本メルマガカウンセリングに参加したい方は、以下のリンク先をクリックして、ご登録ください。
http://eepurl.com/b1MTv9

[レポート] 社会人のためのビジネス読書会 2016/7/22 〜グッと掴むPR力・惹きつける拡散力〜

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

塩尻市交流支援課が昨年度から企画した「社会人の為のビジネス読書会」
3回シリーズで開催し、毎回30名の社会人が集まり、延べ約90名が参加致しました。

今年度も開催希望があり、同じく年3回開催することになりました。

今回は、その3回目。
(2016年7月22日19時から21時、長野県塩尻市えんぱーくにて)

テーマは「グッと掴むPR力・惹きつける拡散力」です。

当日の参加者は19名。
席に着く前に、図書館から持ってきたテーマに関係する本150冊の中から1冊を手にとってもらいます。
4人グループになって進んでいきます。

参加者の声

~とてもよかった~
・グループでの話は、自分自身が選ばない本なども興味深く聞くことができることと、楽しい。
・明日からの思考や生活に活用できると思いまして。
・気持ちが前向きになった。
・仲間と楽しめたので。
・初めての方々とたのしく話すことができた。自分とはちがう視点を感じることが多々あり新鮮だった。
・ふだん考えられない貴重な時間がもてました。
・自分が意識的に話すという機会がなかなかないですし、今回の講座で学べたことが多かったからです。
・本の読み方について新しい感覚を学んだ。人前で話をすることが多いですが、話し方をレベルアップさせるきっかけをいただいた気がする。
・色々な人と様々な考えの人と意見をかわせた。
・様々な職業の方と話せたので、いろいろな視点が得られたから。
・新たな知識を得られた。
・実質的ですごく良かった。
・自分の明日の自信につながったので。
~よかった~
・本から想像力が得られた。
・本をほどんど読んでいないのに悩みを解決するヒントが見つかった。初対面の人と話すのは緊張したが楽しかった。
・前向きになれるし、むずかしい内容でなかったのでとっつきやすい。

【読書会で見つけた悩みの解決・目標達成へのヒント・または小さな一歩】

元気になっていたい。 ⇒ 少し元気になったので手ごたえがありました♪
やわらかい頭になっている。 ⇒ 0から考えるために、仕事以外のことをする時間をとろう。
また参加させていただきたい気持ちです。 ⇒ 何はともあれまず笑顔。
ひきつける話し方。 ⇒ 想像力を持つことから始める。
何か新しいことに挑戦したい、と強く思える状態。 ⇒ 家族や友人と話をする。→自分について知る。
こんなプレゼンをやろうというアイディアが生まれている。 ⇒ “・あえて沈黙をつくることで、人の心を惹きつけることができる。
・声を大きく明るく、スピードに抑揚をつけることで、人の心を惹きつけられる。
・自分が講師を務めたセミナーの資料や内容を見直す。”
明日からの活力を得る!! ⇒ 小さなことにも関心を持つ。
自分の思考を整理するヒントを見つける。 ⇒ 自分の考えを書いてみる!!
コミュニケーション力。 ⇒ 聴くことの重要さ。
自分に自信を持ちたい。 ⇒ チャレンジ精神。
明日の接客に少しだけ自信をもてる状態にする。 ⇒ 小さな一歩から踏み出すこと。
職場でチームメンバーに情報をわかりやすく伝える話し方を学ぶ。⇒ “・普段からのちょっとしたコミュニケーションが大事。
・沈黙を恐れるな。”
自分の伸びしろが何か気づいている。 ⇒ “・エンターテイナー性を高める。
・明日イベントなので、早く寝る。元気に仕事へ行く。”

最後に

弊社では、人類の叡智が詰まった図書館を活用して”社会人のための学びの場”を提供しています。

・ビジネス支援を進めたい図書館の方
・複合施設ならではの市民サポートをしたい方

図書館が社会人の学び舎となる。社会人のためのビジネス読書会のお問い合わせ、ご依頼こちらをクリック
http://business-reading.strikingly.com/

[今をシンプルに楽しむ一週間 2016/10/11 ] 郷に入れば郷に従え

9272bce0-1132-4d8c-9fbc-7581ad25d655


私が毎週行っているセルフビジネスカウンセリングの写真を弊社のホームページ、またはFacebookページで公開しているので、ご覧ください。
webページ:
http://goo.gl/uPSGb0
Facebookページ:
https://www.facebook.com/coprojectm/

————————————————————-
今週のテーマは、
”郷に入れば郷に従え”
————————————————————-

一週間を3つに分けた時のスタンスは、

<10月11日〜12日>
元に戻る

<10月13日〜14日>
従う

<10月15日〜16日>
新しい発見

————————————————————-
Q. 質問です。

以上の様なスタンスで過ごすとしたら、あなたは何を”したい”と思いましたか?

「以上の様な気持ちで過ごすとしたら?」
「以上の様な在り方で過ごすとしたら?」
と言い換えても良いと思います。

————————————————————-
A. 末次の場合こうなりました。

<10月11日〜12日>
・BMG勉強会
・久美の愛情おばんざいランチ
https://www.facebook.com/beownsense/

<10月13日〜14日>
・Read for Action協会サイトに末次式会員制ビジネスサロン、社会人のためのビジネス読書会レポートをアップする。
・梅断食
https://www.facebook.com/events/776728485763397/

<10月15日〜16日>
・森カフェx体操
http://waon.naganoblog.jp/e1981214.html

————————————————————-
あなたの”したい”は、どうなりましたか?
————————————————————-

Action to the Next Stage!

・今の仕事がマンネリ化してきた。
・転職を考えている。
・次の事業展開を考えている。
・チラシのコンセプトが決まらない。
・今進めている事業の方向性が決まらない。
・私、何をしたいんだろう。

そんな人生が楽しくなる次のステージへ、その一歩が見付かる
[次の一手]無料メルマガを発行しています。

詳細、登録は以下のwebサイトから
↓↓↓
http://eepurl.com/b1MTv9