[次の一手 2017/05/03] 当たり前の物を当たり前に提供することがイノベーション

人生の次のステージへ向かって何をしたら良いかが分かる
[次の一手]無料メルマガカウンセリング




————————————————————-
当たり前の物を当たり前に提供することがイノベーション
————————————————————-

イノベーティブな製品とか、革新的なサービスを作ろう!提供しよう!
と世間では言われています。

イノベーションとは何かというと、よくある定義は
「ありそうでなかった物を作ること」

よくある例えは携帯電話。
今では持っていない人がいないぐらい普及している携帯。
なかった頃はどうやって仕事していたのか、生きていたのか思い出せないぐらい当たり前の物になっています。

昔、学生時代に自転車で北海道を旅していて、仲間ととある駅で待ち合わせをしていました。
待ち合わせ当日、駅へ向かう途中に家の留守番電話を確認してみました。
すると、
「すえさん!今どこですか?」というメッセージが前日の電話で残っていたのです。

焦りましたね。
私が勘違いして待ち合わせの日を1日遅く間違えていたのです。
しかも、その待ち合わせをしていた相手というのが、サイクリング部に入りたての一年生。

一年生の1人が携帯電話を持っていたので、急いでその子に電話して事なきを得ましたが、今ではあり得ないエピソードです。

さて、イノベーションの話に戻ると、
未来の当たり前を作ることとも言えます。

未来の当たり前を製品、商品化して今の当たり前にすることがイノベーションを起こすこと、とも言えますね。

ここで矛盾を感じます。
今ない物を追求していくと、いつまで経っても今の当たり前にはならないのです。
だって今ない物を追求しているのだから、今の当たり前になっては困るのです。

今の当たり前になった物は革新的な物ではないのです。

今の当たり前にすることがイノベーションなのに、今の当たり前ではない物を創るのです。
こう考えると、革新的な物を作ろうとしても創ることができない理由が分かりますね。

”革新的な物を創るとは、当たり前の物を当たり前に提供すること”なのです。

あなたは、当たり前のことを当たり前に行動しているでしょうか。
あなたの会社は、当たり前の物を当たり前に提供しているでしょうか。

革新的な物を創ろうとして、イノベーションを起こそうとして、変わったことばかりしていませんか。

————————————————————-
本メルマガは、自由に転送、転載、シェアして頂いて構いません。
多くの方に活用して欲しいと思っており、無料ですので、気軽に友人、知人、知らない人に以下のリンク先をお伝え下さい。

質問などもこのメールに返信する形でお問い合わせ下さい。
但し、本メルマガカウンセリングやブログにて公開することもありますので、ご了承下さい。

”無料”メルマガカウンセリングの詳細、お申し込みはこちらから↓
http://eepurl.com/b1MTv9

過去に発信した記事は以下のwebサイトをご覧ください↓
http://goo.gl/s2rqxG

今起きている出来事を見つめ、
メッセージを受け取り、
次の一歩を決める。

自分の考えを改めて整理するために
以下のwebサイトから「自分で自分の”時間”を予約できます」
https://coubic.com/coprojectm/209843

============================================================
末次克洋(すえなみ かつひろ)
090-9122-6032(携帯)
k-suenami@coprojectm.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/katsuhiro.suenami
Twitter: https://twitter.com/suekun

株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM
——————–

本”無料”メルマガカウンセリングに参加したい方は、以下のリンク先をクリックして、ご登録ください。
http://eepurl.com/b1MTv9

[今をシンプルに楽しむ一週間 2017/5/1 ] エネルギーが出てくる




本日(5月1日(月))開催した「先週一週間の振り返りと、今週一週間の在り方作り。(プロアクションミーティングとも言う)」の様子をレポートします。

毎週月曜日、午前中10時から12時にSENSE両島オフィスで行っていますので、ふらっとお越し下さい(途中入退出自由、参加費無料)。
(バックナンバーはこちら: https://goo.gl/uPSGb0 )

占い的に一週間の行動指針を見ても良いし、具体的な課題解決へ向けた一歩を見つけても良いですね。

とてもゆるい会で、私の都合でキャンセルになる場合もありますので、SENSEのFacebookページでご確認の上、お越し下さい。
SENSEのFacebookページ:
https://www.facebook.com/beownsense/

————————————————————-
今週のテーマは、
”エネルギーが出てくる”
————————————————————-

一週間を3つに分けた時のキーワードは、

<5月1日〜2日>
狩・もえ

<5月3日〜4日>
皿・意味

<5月5日〜6日>
自然・超

————————————————————-
Q1. 質問です。

それぞれのキーワードから何を連想しますか?
連想されたものがテーマだとしたら、何だと思いますか。

Q2. 質問です。

Q1のテーマで過ごすとしたら、あなたは何を”したい”と思いましたか?

————————————————————-
A. 末次の場合こうなりました。

<5月1日〜2日>
テーマ:燃やす
・保護者会の仕事、その他処理を済ます

<5月3日〜4日>
テーマ:飾る
・キャンプの料理、設置

<5月5日〜6日>
テーマ:鍛える
・公園、散歩、山菜摘み

————————————————————-
あなたの今週の”テーマ”は、どうなりましたか?
————————————————————-

スッキリクリア! 今やるべきこと優先順位が明確になる「末次流スケジュール管理術その2(全5回)




毎週金曜日、5回に分けてお伝えしています
「スッキリクリア!今やるべきこと優先順位が明確になる末次流スケジュール管理術」

今日は第二回目。
「1.実行する日時が決まっていること、の管理の仕方」
をお伝えします。

前回、スケジュール管理する物事を3つに分けました。

1.実行する日時が決まっていること
2.いつ処理しても良いけど、期間だけが決まっていること
3.期限が決まっていなくて、気が向けばやりたいこと

復習をしたい方は、以下のリンク先をご覧ください。
https://goo.gl/QdAW6R

”1.実行する日時が決まっていること”については簡単です。

今使っているスケジュール帳、もしくはカレンダーに日時、時間帯のところに予定を書いてください。
それだけです。

書き込んだ予定に従って、行動するのみです。

ここまでで終わっても良いのですが、せっかくなので末次はどんなスケジュール帳を使っているのかお話しますね。

私は、紙の手帳を持っていません。
全部Googleカレンダーで管理しています。

理由は、どこからでも書き込めるし、見ることができるからです。

私はスマホはiPhoneを使っているので、iPhoneからでも見たり書いたりできますし、オフィスでパソコンを使っている時は、ブラウザ上で見たり書いたりしています。
また、旅先では自分のものじゃないパソコンからもインターネットに接続できれば(今時ないですよね)そこから見たり書いたりできます。

こうしておけば出先で「あ、手帳忘れた!スケジュールは後で確認して折り返しますね。」とか、「後で手帳に書いておこう!」と思って書き忘れることもないです。
予定が決まったらすぐに書けば良いのです。
3ヶ月先の歯医者の予約とか美容室の予約とか忘れがちなこともすぐに書いておけば、忘れることがありません。

予定した時刻になると携帯のメールで教えてもらうようにもできます。

Googleカレンダーのwebサイト
https://calendar.google.com/

ちなみにiPhoneには「Refills」という有料アプリを入れています。
https://itunes.apple.com/jp/app/refills/id341691394
このアプリをGoogleカレンダーと同期させて見たり書いたりしています。

次回は、第3回目。
「”2.いつ処理しても良いけど、期間だけが決まっていること”、の管理の仕方」
をお伝えします。

============================================================
「我がままに生きる知恵と実践を伝承する」
株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM