[レポート] 男女共生参画を進める市民のつどい・まつもと 2016/02/06


パネルディスカッションのコーディネーターを勤めました


【松本市主催】男女ともに輝く地域づくり~いのち、暮らし、生きがい~

【開催日時】
2016年2月06日(土)  

松本市が、男女が互いに認めあい、ともに支えあい、ともに輝く男女共同参画社会の実現に向けて、「男女共同参画を進める市民のつどい・まつもと」を開催します。

【時間】
13:00~16:00

【場所】
Mウイング6階

【内容】
○13:10~14:10 講演会
「人生を楽しむことができる地域づくりに向けて」
講師:長野県副知事 中島恵理氏

○14:20~14:40 アトラクション

○14:45~16:00 パネルディスカッション
「男女がともに活躍できる多様なワークスタイル」
matsumoto-danjo-20160206tirashi1

matsumoto-danjo-20160206tirashi2


当日の様子


12662428_1075345405819262_1054180644132855039_n

12669470_1075345422485927_5148089970070922542_n


2016年2月9日の市民タイムス松本版に掲載されました。
2f9d930a65502c07b806b0d02d990d3a

当日は、ホワイトボードを壇上に用意し、それを背面のスクリーンに映しながらコーディネート致しました。
通常はパネラーの話を聞くだけで空中議論になったり、話の流れが分からなくなったりすると思いますが、こうやってホワイトボードに書き出すことで、聴衆も一体となってディスカッションすることができます。

松本市役所でも初めての試みでしたが、参加者の満足度は高かったようです。


当日の流れ


私のメモをそのままお見せしましょう。
82d4170213dc340b2d467a8bb83c5dc1

  1. パネリストの自己紹介
  2. テーマに沿って、各パネリストの話を伺います。その話のキーワードを私がホワイトボードにまとめていきました。
  3. 会場から、パネリストへの質問をお聞きし、回答を同じ様にホワイトボードにまとめていきます。
  4. ホワイトボードに書かれたキーワードを眺めてもらい、パネリストの方に関連性を伺い、問いを深化させていきます。
  5. 最後、単語を3つ選んでもらい、「私にとって多様なワークライフスタイルとは、(単語1)、(単語2)、(単語3)です。その心は・・・・・・です。」と、笑点形式でまとめて終わりになります。

弊社の特徴


単純にパネラーの事例や考えを共有するだけのパネルディスカッションをしません。
パネラーも含め、聴衆1人1人がそれぞれの課題の答えを見つける、創造的な場にします。

それは、弊社がコワーキングスペースの運営をしたり、ビジネスパーソンや起業家の課題解決をお手伝いした経緯があるから辿り着いたコーディネート方法です。

ファシリテーションxカウンセリングxラーニングによって、パネルディスカッションを創造的な場にし、現実を変えていきたい方はお問い合わせ下さい。


当日までの流れ


これも打ち合わせのメモをお見せしましょう。
10dd0f49702765a020e9fc1b335268b2

担当者の方と1時間程度、事前に打ち合わせをしました。

今回は、”多様なワークライフスタイル”という言葉がテーマになっていたので、”多様なワークライフスタイル”で連想されるものを伺いました。そこから単語を3つ選んでもらい、それぞれ、

  1. あなたが、こんな固定観念を持っていることに気付いたことは何ですか?
  2. あなたは、男女の役割って何だと思いますか?
  3. あなたは、その人らしさって何だと思いますか?

こんな質問にし、パネラーの方達に話を伺っていきました。

あとは、当日始まってしまえば、私が全て仕切っていきます。


ご依頼はこちらから


色んな場でファシリテーションを行っていますので、「こんな集まりでもお願いできるのかな?」なんて場合でもお気軽にお問い合わせください。弊社にできることに限らずアイデアをお出し致します。

平日10時から16時までの間でしたらお電話(0263-50-6918)、もしくはカウンセリングなどで席を外している場合がありますので、以下のお問い合わせフォームからご連絡頂ければ、折り返し返信致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

[次の一手 2016/09/14 ] きみの善意が裏目に

 

30代、40代の経営者、ビジネスパーソンへ
現状を打破する次の一手が見つかるメルマガカウンセリング

こちらの記事からのインスピレーションです。読んでからの方が分かり易いかもしれません。
↓↓↓
http://con-isshow.blogspot.jp/2016/06/NG-npo.html

———————–
きみの善意が裏目に
———————–

与える、支援するという行為について本質的な指摘をしている、

「人を助けるということはどういうことか」
エドガー・H・シャイン
http://amzn.to/28J9Kcp

にこんなことが書いてあります。
「支援者の役割を演じると、たちまち地位と権力を得る」

たとえ善意であっても与えるという行為には、上下関係が前提になっています。

”持っている者と持たざる者”

それはそれで一つの事実としてあります。
人の多様性というのは、そういうことです。

ある物事が得意な人と、得意じゃない人。

自然を含め、世の中の仕組みは、結果だけみれば、与えるものともらう者とで成り立っています。

ですが、前提が違います。

与えることを目的として、与えることをしていないということです。
むしろ、利用しているぐらいのイメージです。

例えば、
ミツバチに蜜を与える花は、蜜を与えるために花を咲かせているのではなく、むしろ、ミツバチを利用して子孫を残すために花を咲かせています。

楽しいからする。
したいからする。
自分目線の行動です。

ーーーーー
今、自分ができること、あるもので、人や自然を利用して自分の目的を達成するにはどうしたらいいのか。
その視点で考えてみると新しいアイデアが生まれてくるかもしれません。
ーーーーー

結果、その楽しいからしている行為によって、もらう人がいるかもしれません。
それは受け取る側が勝手に受け取ること。
与えている側に、与えようという意識はありません。

与える、もらうの時代から、

自分が楽しいと思うことをする力。
その行為を受け取る力の時代へ。

そんな風に思います。

この
与える、受け取る関係の最たるものがいわゆる今のビジネスです。

大分世の中の普及してきたビジネスモデルキャンバスを見て下さい。

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 大型本 – 2012/2/10
アレックス・オスターワルダー (著)
http://amzn.to/28LIM60

顧客に何を与えるか。その対価としてお金をもらう。
シンプルに言えば、ビジネスとは、与える、もらうの関係を作り、維持することです。
顧客が本当はいらないものでも、欲求を生み出し、与え続ける関係を維持することです。

ですが、時代は変わってきています。

記事ではNPOを取り上げていますが、営利企業でも同じだと私は思います。

つまり、社会全体が成長してきているので、与える先行のビジネスは成り立たなくなってくるということです。

次の時代は、
独りよがりのビジネスです。
つまり、自分達が楽しいことをするだけ。

自分目線でも顧客視点でも、社会目線でもなく、自分達が思わずしてしまう目線。

自分達が思わずしてしまう目線って、自分目線と同じように捉えがちですが、違うものです。

森羅万象、全ての自然の一部である自分の視点で、思わずしてしまうこと。

もっと言えば、人間の行動の95%は無意識の行動です。
あれこれ考えずに、無意識でしている行動でビジネスを作ることです。

ーーーーー
自分達の無意識の行動でビジネスを作るとしたら、どうなりますか。
ーーーーー

————————————————————-
このメルマガを読んで感じたものがあれば、ぜひ共有して下さい。質問などもこのメールに返信する形でお問い合わせ下さい。
但し、本メルマガカウンセリングやブログにて公開することもありますので、ご了承下さい。

過去に発信した記事は以下のwebサイトをご覧ください↓
http://goo.gl/s2rqxG

本メルマガは、自由に転送、転載、シェアして頂いて構いません。
多くの方に活用して欲しいと思っており、無料ですので、気軽に友人、知人、知らない人に以下のリンク先をお伝え下さい。

本”無料”メルマガカウンセリングの詳細、お申し込みはこちらから↓
http://eepurl.com/b1MTv9

============================================================
30代、40代の経営者・ビジネスパーソンが現状を打破する次の一歩を見付けるサポート

”自分の未知なる無限の可能性に気付いてワクワクを取り戻す”
末次克洋(すえなみ かつひろ)
090-9122-6032(携帯)
k-suenami@coprojectm.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/katsuhiro.suenami
Twitter: https://twitter.com/suekun

株式会社コプロジェクト・エム(Co-Project M Ltd.)
〒390-0848
長野県松本市両島7-1 オフィス松本堂1階
TEL:0263-50-6918 FAX:0263-31-0513
http://coprojectm.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/coprojectm
Twitter: https://twitter.com/CoProjectM
——————–

本メルマガカウンセリングに参加したい方は、以下のリンク先をクリックして、ご登録ください。
http://eepurl.com/b1MTv9

[今をシンプルに楽しむ一週間 2016/09/13 ] 人間万事塞翁が馬

38d2c1e5fc5ce19d95fb90fafd5ab0a2


私が毎週行っているセルフビジネスカウンセリングの写真を弊社のホームページ、またはFacebookページで公開しているので、ご覧ください。
webページ:
http://goo.gl/uPSGb0
Facebookページ:
https://www.facebook.com/coprojectm/

————————————————————-
今週のテーマは、
”人間万事塞翁が馬”
————————————————————-

一週間を3つに分けた時のスタンスは、

<9月13日〜14日>
パッと見悪い物が、実は欲している物

<9月15日〜16日>
自然に降りてくる

<9月17日〜18日>
次を見据えて動く

————————————————————-
Q. 質問です。

以上の様なスタンスで過ごすとしたら、あなたは何を”したい”と思いましたか?

「以上の様な気持ちで過ごすとしたら?」
「以上の様な在り方で過ごすとしたら?」
と言い換えても良いと思います。

————————————————————-
A. 末次の場合こうなりました。

<9月13日〜14日>
・レポート、メルマガを書きためる

<9月15日〜16日>
・チャリ倉庫の壁作成
・息子のMTB取りに行く

<9月17日〜18日>
・キャンプ

————————————————————-
あなたの”したい”は、どうなりましたか?
————————————————————-

社会人のための
現状を打破する次の一手を見付ける[次の一手]無料メルマガを発行しています。

・課題に直面し、八方塞がり
・新しい出会いがない
・色んな出来事が起きて対処しきれない
・安定し、しっかりと軸を持った経営をしたい

そんな時に、視点を切り替える気付きをお伝えします。

詳細、登録は以下のwebサイトから
↓↓↓
http://eepurl.com/b1MTv9