[レポート]枠をアップデートせよ。 〜メンタリングサロン2月12日(火)〜

私的な今日の気付きは、
「べき、枠」は悪いものじゃない。見直していくものだ。


こんにちは。

上質な大人の学びをサポートするシニアリーディングファシリテーターの
すえなみです。

・リーディングファシリテーターについてはこちら
https://www.read4action.com/
・大人の学び場「SENSE図書館」についてはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/senselibrary


私的な今日の気付きは、

「べき、枠」は悪いものじゃない。見直していくものだ。

心理学や自己啓発の世界では、こういうアプローチをよく取ります。
「思い込みや無意識の固定観念を外していきましょう。」

なぜなら、世間(本人が勝手に考えた価値観、基準)と比較して、自分のことを「ダメな人間だ。」と思い込んで、自分で自分を苦しめていることがあるからです。

いわゆる自己肯定感の低い人ですね。

こういった例えもします。

象が子どもの時に鎖で繋いでおきます。
象はまだ力が弱いので、幾ら引っ張っても逃げることはできません。

しかし、段々大きくなるにつれて力が強くなります。

でも、象は子象の時のイメージを持ったままで
「どうせ引っ張っても鎖は解けない。」
と諦めて、逃げようとしなくなる。

本当は、引っ張れば杭が抜けて逃げられるにもかかわらず。

なので、私も心理学を勉強していく中でこういった固定観念(枠や”べき”)を外していきました。
きっと、30代はこういった年代なんでしょうね。

どんどん生きるのが楽になって、行動も自由になってきた一方。
「”べき”は悪者だ。」

という固定観念を持つようになってきました。

でも、”べき”自体は悪者じゃないんです。

べき=枠=固定観念

悪者ではありません。

武道でよく言われるのが、守破離。
型を習って、型を破って、独自の型を作る。

型がなければ、形無し。

型というものがなければ、力が分散して相手に働き掛けることができません。

大事なことは、型を定期的に見直すこと。

落合陽一さん流に言えば、
「アップデートせよ。」

私は今、自分が経験してきたこと、考えてきたこと、得たものを言葉にまとめようとしています。

言葉は、言葉にならない無意識のモヤモヤを形に落とし込んだもの。
無数の行動に枠を当てはめたもの。

言葉は、論理という共通の型を持たなければ、相手に感情や考えを伝えることができません。

自分の考えを人に伝え、行動してもらうには、相手との共通言語(理系的に言えば、プロトコル)を使って伝えなくてはいけません。

チラシやマーケティングの世界では、それをコピーライティングと言うのかもしれません。

人が作った言葉や旧い言葉は苦しい。
でも、自分が作った言葉は力となる。

読者の皆様と言葉を作りながら、力となる本を作っていきたいと思います。

最後に、共に気付きの場を作ってくれたお二人に感謝いたします。

次回は、3月12日(火)10時からSENSEで、

メンタリングサロンです。

詳細、お申し込みは下のリンク先より。
https://www.read4action.com/event/detail/?id=6866


他にも、

  • ブッシュクラフト関連
  • あなたらしい仕事作り
  • 御社ならではの事業作り
  • 読書会やSENSE図書館関連
  • 日々の気付き

について、メールマガジンを発行しています。

ご希望の方は、以下のリンク先よりご登録ください。

メールマガジンのご案内

・ブッシュクラフト関連
・あなたらしい仕事作り
・御社ならではの事業作り
・読書会やSENSE図書館関連
・日々の気付き

のメールマガジンを発行しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です