趣味として楽しみながら、いざという時にも役立つ。
大人のアウトドアサバイバル学校

すえなみブッシュクラフトスクール 長野

自然豊かな長野県の里山を舞台に、年間を通じて、大人向けのアウトドア教室を運営しています。


キャンプ教室

キャンプ場でのファミリーキャンプ、家族や友人とのキャンプを始めたい方にオススメ。

キャンプを大変なものではなく、楽しむために。野外での安心安全、快適な場所の作り方、考え方を教えています。焚き火など、野外キャンプならではの楽しみも一緒に経験しながら。

防災・災害対策教室

実は生きる為に必要な資源が豊富にある自然の中とは違い、サバイバルが非常に困難になる可能性もある都市災害

大きな地震などライフラインが切断された状況下。自分で自分の身を守り、生き延びるための自助という観点から、都市災害に備える知識、技術を伝えています。


生徒の声

『サバイバル=生き残る』ですか?

名前を聞いた第一印象は そちらよりでした(笑)。

なんというか、マニアックで浮かれた印象と、先に述べた道楽の印象と。。

そりゃ払拭するのに一年くらいかかりますわね(笑)。

すえっちの『サバイバル教室』は、『生きる力を身につける』教室です。

ところがところが、そこにも 

しばらく抵抗がありました。(まだあるか!(笑) )

今さら火を起こしたりナイフ使えたりシェルターって…

日本のようなインフラ整った社会で生きていて、
改めてアウトドアレジャーの場以外にそういうこと必要ないんじゃないの? (と、ここはあえて そう文章におこさせていただいたんですが)

答えは否!でした。

すえっちの講座は、最初に自然を感じる時間を取ります。

日差し、

風、

音、

におい

ほんの五分でもいろんな発見があり、人それぞれの感じ方を聞くことで また新しい発見があります。

UVカットされたガラス越しの、
もしくはテレビやスマホ画面に映し出された絶景画像だけでは 日々の暮らしは自然と分断され、
五感を総動員して自然を味わうことを 忘れていた気がしました。

だって日本の『アウトドア』って、『外で』『何かをする』んでしょう。BBQとか。

『外=自然そのもの』を『味わう』『慈しむ』『大切に思う』っていう『文化』にまで至っていない気がします。だけど、みんな気がつき始めているんですよね。

外で過ごす心地よさは何だろうって。

十分に準備された講座で、改めて身をもって感じてみると、自然に対する意識が変わってくるように思います。そんなスタート地点に立てる講座でした。

(続きはココをクリック)
(続きはココをクリック)
(続きはココをクリック)

すえなみブッシュクラフトスクール(SBS)に入校するには、

Facebookやメールマガジン、公式LINEで、教室の日程やイベントのご案内をします。受講したい教室にお申し込み下さい。

すえなみブッシュクラフトスクールのFacebookページ( https://www.facebook.com/coprojectm/ )に
”いいね!”

メールマガジンの登録はこちら( https://mailchi.mp/614411fa9925/bushcraft

公式LINEのお友達追加はこちら( https://lin.ee/xhZtbo8

友だち追加

開催中の教室

(続きを見る)

校長プロフィール

すえっち

末次克洋(すえなみ かつひろ)

校長、講師

ジャパンブッシュクラフトスクール 認定インストラクター
一般社団法人危機管理リーダー教育協会 認定災害対策アドバイザー
WMA(野外災害救急法)WAFA アドバンスレベル 修了

1977年生まれ。
長野県松本市在住。出身は名古屋。

大学から新卒入社の会社まで静岡県で過ごす。バックカントリースキーが好きで、長野県松本市に転職、移住。その後、起業し、ブッシュクラフトスクールを運営。
学生時代から、自転車で旅をしたり、登山、カヌーなどアウトドア遊びをしていた経験と、電気電子工学を学び電子機器の開発エンジニアをしていた経験を活かし、小水力発電開発会社の水量調査や、アウトドアガイド会社のサポートもしています。

Profile Picture

ワークショップ、講演のご依頼について

見積もりの目安として、
1回(2時間)につき5万円(税別)〜、
になります。

※ ご予算に応じて対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

講演会形式(実績)

長野県塩尻市立広丘小学校にて、保護者向けのPTA講演会でお話させて頂きました。

「災害を乗り越えるコツと備え」

ワークショップ形式(実績)

実績として、松本市の鎌田児童センター様や本郷地区図書館様、NPO法人富士山ネイチャークラブ様からのご依頼を受けて、シェルター作り講座を開催しています。

提供メニュー例)

  • サバイバルの基本ーシェルター作り(ロープワーク)
  • アウトドアナイフの使い方(ペグ作り)
  • 自然に優しいエコなネイティブアメリカン的焚き火術
  • 水の確保(ろ過器作り)
  • 火起こし術(弓きり式火起こし器作り)
  • 非常時の火の確保(身近な材料で着火剤やランプ作り)
  • その他、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ


    1. お問い合わせはこちらのフォームでお送り頂くか、メールにて承ります。
    1. ※2,3日中に返事がない場合、お電話でお問い合わせください。
    1. メール: k-suenami@wagamamalive.com
    1. 電話(担当すえなみ): 090-9122-6032

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文